平スポの石井です。

昨年末、JADA(日本アンチ・ドーピング機構)から、イヤなニュースが飛び込んできました。

中国とメキシコで、食事で食べた肉が、クレンブテロールという薬物汚染されており、それが原因でドーピング検査陽性になってしまった。というもの。
NCM_0352.JPG 
(写真は記事とは一切関係ありません)


wikipediaによると、レンブテロール
呼吸障害の際に充血除去剤や気管支拡張剤として処方される薬物。

喘息のような慢性呼吸障害を持つヒトに対して呼吸を楽にする目的で使用される。
物であるが、
筋肉増強剤としての効果が認められる為、
各スポーツ競技においてドーピングに用いられないよう検査対象薬物にされている。
また、
肉の赤身を増やす効果があることが分かり畜産業界で、飼料に混ぜることが行われた。
しかし、
人体への副作用も大きいため、EUは1988年に、アメリカ合衆国は1991年に、中国は1997年に餌への添加を禁止した。

にも関わらず、いまだ中国やメキシコでは、食肉の飼料にクレンブテロールが混ぜられている事があるようです。

これでは、いくら選手が気をつけていても防ぎようがないですね。
せめて、輸入される食肉に、そういった肉が混入されていない事を願います。

JADAでは
これらの国で競技会に参加する場合には、
「競技会主催団体または国際競技連盟が指定したレストランで食事を摂ること」
また、
「指定のレストラン以外で食事をする場合には必ず多人数で一緒に食事をすること」
を呼びかけています。

心配なのは、これを隠れ蓑にして、クレンブテロールを使用する選手が出てしまいそうな事。
薬物が検出されても、「中国で食べた肉が・・・」って言い訳に出来そうですからね

参考はこちら
JADA(日本アンチ・ドーピング機構)
http://www.playtruejapan.org/

JADAからの注意喚起
http://www.playtruejapan.org/downloads/release/20111216/Attention_clenbuterol.pdf

メキシコサッカー5選手が薬物違反、キャンプの食事が原因か
http://www.afpbb.com/article/sports/soccer/soccer-others/2805423/7323462

平塚スポーツケアセンター

http://www.athlete-net.com/

0463-25-4871

 

以下のブログも見てください!

 

 

海老名加圧スタジオANS専用ブログ
 
海老名の隠れ家的トレーニングジムANS

キレイになりたい方は必見、女性理学療法士Toyoのブログ
 
アスリート系女性理学療法士の『健康美』  

Author Profile

石井 隆行
石井 隆行株式会社アスリートネット湘南 代表取締役Twitter:@hiraspo
 1969年静岡県伊東市生まれ
 
 静岡大学教育学部卒業
 呉竹鍼灸専門学校卒業
  
 針師・灸師・あん摩マッサージ指圧師
 NSCA CSCS
 小学校教員免許状
 中学校保健体育教員免許状
 加圧トレーニング特定資格者・加圧トレーニングスペシャリスト
 ケトジェニックアドバイザー
 ライフキネティックパーソナルトレーナー
    ほか・・・


静岡大学在籍時、「資格」も「技術」も「コネ」もない状態にもかかわらず
「オリンピックに選手を連れていく!」と豪語。

当時珍しい学生トレーナーの先駆者となるが、医療国家資格を持たない者が、選手の身体を触るのがご法度であった当時、テーピングを巻くどころかパートナーストレッチをする程度でも「あいつは資格を持っているのか?」と陰口をたたかれ、資格を取る事を決意。
大学卒業後、鍼灸マッサージの専門学校へ通う。

専門学校在学中に、スポーツ界では「応急処置や緊急時に資格なんていってられないだろ」という風潮が高まり、そこから済し崩し的に、卒業時には「誰でも」選手の身体を触ってもよい様な状況になっていた。
そんな状況に嫌気をさしつつも、自身の大学時代に専攻していたバイオメカニクスと手技療法を組み合わせた独自の手法が評判を呼び、「本当に信頼できる身体のスペシャリスト」と多くのアスリートから信頼を獲得、1996年のアトランタ五輪より5大会連続でクライアントのオリンピック出場に貢献する。

現在「平塚スポーツケアセンター」での活動を生業としつつ、
大学時代に描いたその夢を叶えながら、更に大幅修正を加え、現在に至る。