平スポの治療家トレーナー石井です。

昨日、久しぶりにエッセンシャルオイルの調合を見直し、新たなウォーミングアップ用マッサージオイルを作ってみました。
IMG_20140522_151556_20140522151857044

普段使っているアップオイルもスゴい物で、このオイルを使っただけで自転車競技の1000m独走のタイムが3秒くらい早くなる人がいます。
もう香りが神経を刺激して、とかのレベルは超えています。「膝が痛い」「肩凝りがヒドい」くらいなら、このオイルを塗るだけでほとんど解消します。
IMG_20140523_114334 (1)
(平スポで売ってます)

ただ最近、
エッセンシャルオイルのブレンドだけ作って、それを持ち運べば軽くて済むし、使いたい分だけ好みのベースオイルに足せば常に新鮮なオイルで使えるよね。と思いだした訳です。

それにしても面白いです。
基本、僕はアップオイルには4~5種類のエッセンシャルオイルを使う訳ですが、その微妙な配合バランスによって体感がまるで変わってしまいます。
少し作っては自分の身体に塗って効果を確かめ、色々試行錯誤する訳です。

今回はいつも使っている配合にユーカリグロブルスというエッセンシャルオイルの配合比率を15%増やしてみました。

使用直後はいつものように、スゴく身体が軽くなる感じがしますが、オイルが身体に浸透してくるにつれ、芯が通ってくるというか、力が入りやすくなってきます。
もう少し試してみる必要があると思いますが、これは使えそうです。

アロマテラピーは漢方薬と似た所がありますね。漢方薬はそれぞれの生薬の配合比率が決められており、それが現代に伝わっています。「その配合比率を変えてしまっては効果が変わってしまいますよ」という表れでしょう。
しかも、その生薬の質や産地などもとても重要で、

「この証の人には、この生薬はこれでなくてはいけない」「エキス剤は元の生薬の顔が見えないから使えない」
と僕に漢方薬について教えてくれた先生はよく言われていました。

エッセンシャルオイルも質はピンからキリまでありますし、色々な条件が同じでも産地が違うだけで全然香りも違いますからね。

追求したい分野でもありますが、深みにはまると抜けだせない分野でもありそうです。

さて、この作ったブレンドは、これをベースオイルにして試してみたいです。

img_item_o2高濃度酸素オイルのO2クラフト。

この高機能オイルはもともとローズマリーの香りがついているのですが、無香のタイプもありますので、これに加えたらきっとスゴイ事になりそうです。

平塚スポーツケアセンターは完全予約制の為、
突然のご来店の場合、スタッフが対応できない場合がございます。同様の理由で、営業時間中でも、電話に出られない事が、稀にございます。ご了承ください。各種パンフレット・料金表等は店頭にご用意してございます。平塚駅から道案内
http://ameblo.jp/athlete-net/theme-10037641653.htmlご予約・お問合せはこちらへお願いします。 0463-25-4871
(受付時間11:00~22:00 日曜定休)詳しくはホームページをご覧ください神奈川最大級パーソナルトレーニング専門ジム http://www.athlete-net.com/
スポーツ専門治療院 平塚スポーツケアセンター http://hiraspo.com/
facobook も宜しくお願いします。
http://www.facebook.com/hiraspo1/厚木・座間・綾瀬方面の方は、こちらもどうぞ

加圧スタジオANS海老名
http://www.ebinans.com/index.html
スタッフブログ
http://ameblo.jp/ebinans/

Author Profile

石井 隆行
石井 隆行株式会社アスリートネット湘南 代表取締役Twitter:@hiraspo
 1969年静岡県伊東市生まれ
 
 静岡大学教育学部卒業
 呉竹鍼灸専門学校卒業
  
 針師・灸師・あん摩マッサージ指圧師
 NSCA CSCS
 小学校教員免許状
 中学校保健体育教員免許状
 加圧トレーニング特定資格者・加圧トレーニングスペシャリスト
 ケトジェニックアドバイザー
 ライフキネティックパーソナルトレーナー
    ほか・・・


静岡大学在籍時、「資格」も「技術」も「コネ」もない状態にもかかわらず
「オリンピックに選手を連れていく!」と豪語。

当時珍しい学生トレーナーの先駆者となるが、医療国家資格を持たない者が、選手の身体を触るのがご法度であった当時、テーピングを巻くどころかパートナーストレッチをする程度でも「あいつは資格を持っているのか?」と陰口をたたかれ、資格を取る事を決意。
大学卒業後、鍼灸マッサージの専門学校へ通う。

専門学校在学中に、スポーツ界では「応急処置や緊急時に資格なんていってられないだろ」という風潮が高まり、そこから済し崩し的に、卒業時には「誰でも」選手の身体を触ってもよい様な状況になっていた。
そんな状況に嫌気をさしつつも、自身の大学時代に専攻していたバイオメカニクスと手技療法を組み合わせた独自の手法が評判を呼び、「本当に信頼できる身体のスペシャリスト」と多くのアスリートから信頼を獲得、1996年のアトランタ五輪より5大会連続でクライアントのオリンピック出場に貢献する。

現在「平塚スポーツケアセンター」での活動を生業としつつ、
大学時代に描いたその夢を叶えながら、更に大幅修正を加え、現在に至る。