こんにちは!神奈川県平塚市でパーソナルトレーニング指導をしている坂本です。

これから始まる季節の為に新しく服を買ったりする機会が増えますね、僕は先日スーツを新調しました。

 

僕のトレーニングをみている方で

「今度息子の卒業式があるんだけど、サイズ少し大きいの買った方がいいかしら」とお悩みの方がいました。

fashion_manekin

服を買うときにどうしても出てしまうこの悩み、皆さんならどうしますか?

普通は少し大きめの服を買ってしまいがちですよね

もちろんすぐに用意しなければならないものなら仕方ありません、でも時間があるならば僕は自分の期待大きさの服を買うべきだと思ってます。

 

僕の知っている限りちょっと余裕をと少し大きめの服を買った方はその後身体のサイズがその服に合ってしまう方が多いです。

逆にそういう時に少し小さくても自分の着たいサイズを買った方はそのサイズに身体を合わせます。

もちろんみんながみんなそうではありませんが、出来る限り自分のなりたい身体の服を選ぶとそういう身体になれるはずです。

 

件の方は自分の着たい服を選んでこれまで以上に頑張って無事に卒業式に間に合いました。

IMG_20151014_145955
顔はダメとのことでしたが喜びを表してもらいました(*’▽’)

 

自分の着たい服を着れるようになる為というのも大きなモチベーションになって理想の身体に近づけてくれます。

今買おうとしているその服、どっちを基準に選びますか?

Author Profile

坂本 大地
坂本 大地
1984年 東京生まれ、山梨育ち

東京医療専門学校卒業

鍼師・灸師・柔道整復師
抗加齢医学会 指導士
介護予防運動指導員
加圧トレーニングインストラクター
トリガーポイントパフォーマンスセラピー 
湯河原ライフセービングクラブトレーナー

小さい頃から人に触れるのが大好きでマッサージをして喜んでもらえるのが嬉しい子供だった。

小学生からサッカーを続けていて自身もよく怪我に悩まされその頃にチームに来てくれていたトレーナーにケアをしてもらった事がきっかけでこの仕事に憧れを抱く。

近しい親戚に鍼灸師をしていた人がおり、鍼灸の奥深さに触れ子供の頃の憧れを思いだし現実的な目標に変わりトレーナーになることを決意。

専門学校在学中にライフセービングの選手に出会いトレーナーとして活動を始める、現在でも湯河原ライフセービングクラブのトレーナーとして活動中。

子供の頃から持っている人の喜んでいる顔が見たいという気持ちは変わらずに人の笑顔に支えられて自身の夢を叶える為に邁進中。