先日、トレーニングに来られている方でこんな事がありました。

トレーニング開始時の問診で、担当の豊田が身体の調子を尋ねたらだるいとの事。

様子を観察していると目の下と手足に浮腫みがでていた。

この方、来店されたのは夕方だったんですが、昼間はご自宅で庭仕事をされていたそうです。

この日の気温は30度、湿度はけっこう高めだったのでかなり汗をかかれていたと思います。

さらに以前は高血圧だった(トレーニングかなり改善されました)ので奥様の手料理は減塩食なんだそうです。

様子や伺った話を総合的に判断すると、これは軽度の熱中症の可能性があったため、Kさんに熱中症予防・改善効果のある塩サプリを摂取していただいたところ、だるさが取れたそうです。

ご本人の自覚症状はだるさだけ。

暑くて蒸してりゃだるいことだってある。

でももしかしたらそれは熱中症の可能性もあります。

そのままトレーニングしていたら重症化していたかもしれません。

今回は平スポ内でのお話だったので、トレーナーが運動より先に気付いて事故を未然に防げました。

でもこれが普通のスポーツクラブだったら?個人をそこまで観察してはくれません

ご自宅での自主トレや近所の散歩だったら?

気付けるのはおそらくご自分だけ。

今年は大阪ですでに37度を記録している酷暑の年です。

常に熱中症予防を頭の片隅に置いておいた方がいいと思います。

マメな水分補給が基本ですが、もうちょっと気を使える方はマメな体重測定がいいです。

外出前と帰宅後、庭仕事や運動などの汗をかく作業の前後、就寝前と起床時。

まめに量ると身体の水分の変動がすごくわかります。

体重の減少が前後で体重の3パーセント以上合った場合は身体からかなりの水分が失われています。

次に塩分。

夏場は常に身体から塩が出ていってると考えていいです。

また、今回のケースの様に血圧を考えての減塩食を摂られている方、特に気をつけましょう。

できれば塩サプリを携帯
120727_222848.jpg 

せめて塩アメ

それから運動したり外で何か作業する様な汗をたくさんかく可能性のある日の朝食は減塩じゃなくていいと思います。

その方が美味しいし(笑)

しっかり予防して快適に運動!

夏を元気に過ごしましょう!

あ、でも気付けるトレーナーのいる平スポで安心してトレーニングってのもいいですよ

平塚スポーツケアセンター
ご予約・お問い合わせ⇒
0463-25-4871
http://www.athlete-net.com/


海老名・加圧スタジオANS

http://www.ebinans.com/index.html
046-239-3503

Author Profile

石井 隆行
石井 隆行株式会社アスリートネット湘南 代表取締役Twitter:@hiraspo
 1969年静岡県伊東市生まれ
 
 静岡大学教育学部卒業
 呉竹鍼灸専門学校卒業
  
 針師・灸師・あん摩マッサージ指圧師
 NSCA CSCS
 小学校教員免許状
 中学校保健体育教員免許状
 加圧トレーニング特定資格者・加圧トレーニングスペシャリスト
 ケトジェニックアドバイザー
 ライフキネティックパーソナルトレーナー
    ほか・・・


静岡大学在籍時、「資格」も「技術」も「コネ」もない状態にもかかわらず
「オリンピックに選手を連れていく!」と豪語。

当時珍しい学生トレーナーの先駆者となるが、医療国家資格を持たない者が、選手の身体を触るのがご法度であった当時、テーピングを巻くどころかパートナーストレッチをする程度でも「あいつは資格を持っているのか?」と陰口をたたかれ、資格を取る事を決意。
大学卒業後、鍼灸マッサージの専門学校へ通う。

専門学校在学中に、スポーツ界では「応急処置や緊急時に資格なんていってられないだろ」という風潮が高まり、そこから済し崩し的に、卒業時には「誰でも」選手の身体を触ってもよい様な状況になっていた。
そんな状況に嫌気をさしつつも、自身の大学時代に専攻していたバイオメカニクスと手技療法を組み合わせた独自の手法が評判を呼び、「本当に信頼できる身体のスペシャリスト」と多くのアスリートから信頼を獲得、1996年のアトランタ五輪より5大会連続でクライアントのオリンピック出場に貢献する。

現在「平塚スポーツケアセンター」での活動を生業としつつ、
大学時代に描いたその夢を叶えながら、更に大幅修正を加え、現在に至る。