平スポ石井です。

今日は、仕事の合間に低糖質スイーツを作成。
材料は揃えてあったので、作成時間たったの20分です!

材料はこれ
2015-05-15 14.09.52

  • 小麦粉の代わりの大豆粉(100gあたり糖質15.6g)
    糖質としてカウントしなくてはならない食材ですが、小麦粉なら100gあたり70〜75gの糖質がありますので、低糖質スイーツにはもってこいの食材。
  • ラカントS
    平スポに来ている人なら聞いたことあるでしょう。エリスリトールほぼ100%の甘味料です。砂糖と同じ甘さなので使い勝手がいい。エリスリトールは糖質の中でも糖アルコールと呼ばれる物に分類され、その中でも血糖値を全く上昇させない唯一の甘味料です。腸で9割くらい吸収されるのですが全く代謝されず体外に排出されます。
  • ベーキングパウダー(アルミニウムフリー)
    何を使うか悩みました。重曹? ベーキングパウダー? ドライイースト?
    結局使い勝手の良いベーキングパウダー。ただしアルミニウムフリー。
  • 抹茶

 

それぞれの分量は
大豆粉50g ラカントS45g ベーキングパウダー2g 抹茶5g 卵1個 水50cc

それぞれしっかり混ぜて、電子レンジ500ワットで3分

たったそれだけで完成!
2015-05-15 14.42.45

職場で簡単に出来て、普通に美味しいです!!

4分の1個でおよそ糖質2g!
一応血糖値も測ってみないとね。
血糖値推移
はい! 全くと言っていいほど血糖値動きません!

会員さんで、お菓子の呪縛からどうしても逃れられない人がいるので、試しに作ってみましたが、これなら勧められるかな?

いや、これにハマってしまっても困るので、教えないでおこう(笑)

ちなみにですが・・・
僕と豊田はこれを食べたあと、顔面紅潮、僕は鼻づまりと目の痒さ。豊田は心拍数の増加や不快感などが発生。
調べると、エリスリトールにアレルギーがある人もいるみたいです。
僕は軽度でしたが、これにハマることはなさそうです。

糖質制限をしているのにこういった物にハマることを、僕たちは「横すべり」って呼んでます。

まずは「甘いものからの呪縛」から解き放たれる努力をしましょう!

Author Profile

石井 隆行
石井 隆行株式会社アスリートネット湘南 代表取締役Twitter:@hiraspo
 1969年静岡県伊東市生まれ
 
 静岡大学教育学部卒業
 呉竹鍼灸専門学校卒業
  
 針師・灸師・あん摩マッサージ指圧師
 NSCA CSCS
 小学校教員免許状
 中学校保健体育教員免許状
 加圧トレーニング特定資格者・加圧トレーニングスペシャリスト
 ケトジェニックアドバイザー
 ライフキネティックパーソナルトレーナー
    ほか・・・


静岡大学在籍時、「資格」も「技術」も「コネ」もない状態にもかかわらず
「オリンピックに選手を連れていく!」と豪語。

当時珍しい学生トレーナーの先駆者となるが、医療国家資格を持たない者が、選手の身体を触るのがご法度であった当時、テーピングを巻くどころかパートナーストレッチをする程度でも「あいつは資格を持っているのか?」と陰口をたたかれ、資格を取る事を決意。
大学卒業後、鍼灸マッサージの専門学校へ通う。

専門学校在学中に、スポーツ界では「応急処置や緊急時に資格なんていってられないだろ」という風潮が高まり、そこから済し崩し的に、卒業時には「誰でも」選手の身体を触ってもよい様な状況になっていた。
そんな状況に嫌気をさしつつも、自身の大学時代に専攻していたバイオメカニクスと手技療法を組み合わせた独自の手法が評判を呼び、「本当に信頼できる身体のスペシャリスト」と多くのアスリートから信頼を獲得、1996年のアトランタ五輪より5大会連続でクライアントのオリンピック出場に貢献する。

現在「平塚スポーツケアセンター」での活動を生業としつつ、
大学時代に描いたその夢を叶えながら、更に大幅修正を加え、現在に至る。