石井です!

糖質制限? ケトン体? MEC? なんか最近テレビや雑誌で良く聞くようになってきましたね。
最近発売された本を見てもこんな感じです。
book
「炭水化物が人類を滅ぼす」「炭水化物の食べすぎで早死にしてはいけません」「健康になりたければ糖質をやめなさい!」「日本人だからこそご飯を食べるな」「主食をやめると健康になる」・・・

多少大袈裟な表現かもしれませんが、「糖質は生きていく上で必要ないばかりか、糖質を摂らない方が健康になれる」これはもう真理です。ただの痩せる為のダイエット法ではありません。

糖質を摂らない方が健康になれる

いまだに「糖質制限否定派」の専門家たちも沢山いますが、もう数カ月もすると完全に淘汰されるでしょう。
(注:一部の病気を持った方、脂肪を利用できない身体の方など、糖質制限出来ない方もいます)

しかし、ただやみくもに糖質を制限すればいいという訳ではありません。
糖質を制限する分、主な身体活動のエネルギー源を脂肪にシフトしないといけません。
その為には
・充分なタンパク質
・良質な脂肪酸
・ビタミンやミネラル
・食物繊維
・アンチオキシダント類
などなど・・・

これらが網羅出来てないと、ただの「貧しい食事」になってしまいます。

ただ、「じゃあどうやったらいいの?」という方の為に石井は
日本ファンクショナルダイエット協会のケトジェニックアドバイザーに認定されました。
3人最近メディアでも大活躍の南雲先生白澤教授賞状

ケトジェニックダイエットにはこんなメリットがあります。

  1. 肉や魚もおなかいっぱい食べられる
  2. 食後、眠くならない
  3. 肌にハリが出て若々しく見える
  4. むくみが取れる
  5. 運動をしなくても脂肪が燃える
  6. 極力筋肉量を減らさずにダイエットが可能
  7. 面倒なカロリー計算をしなくてよい
  8. イライラしなくなる
  9. 頭がはっきりして集中力がアップする
  10. 長寿遺伝子がスイッチオンする
  11. メタボリックシンドロームが改善される

僕自身去年からケトジェニックダイエットを実践して、MAX81kgあった体重は68kgまで、約13kg無理なく減量でき、またアレルギー症状も大幅に改善され、とても体調の良い日々を送っています。

既に会員さんも効果を実感している方が多数。
何より体調・体質が改善したといった報告が沢山聞けてとても嬉しい状況です。

そして今月は、平スポの会員さん限定で「ケトジェニックダイエット実践セミナー」を開催。
3回開催するのですが、既に各回満員です。

一般の方向けセミナーはまだ先になりそうですが、興味のある方は是非平スポへいらしてくださいね。

「糖質制限」「ケトジェニックダイエット」については、これからも少しずつ書いていきます。

Author Profile

石井 隆行
石井 隆行株式会社アスリートネット湘南 代表取締役Twitter:@hiraspo
 1969年静岡県伊東市生まれ
 
 静岡大学教育学部卒業
 呉竹鍼灸専門学校卒業
  
 針師・灸師・あん摩マッサージ指圧師
 NSCA CSCS
 小学校教員免許状
 中学校保健体育教員免許状
 加圧トレーニング特定資格者・加圧トレーニングスペシャリスト
 ケトジェニックアドバイザー
 ライフキネティックパーソナルトレーナー
    ほか・・・


静岡大学在籍時、「資格」も「技術」も「コネ」もない状態にもかかわらず
「オリンピックに選手を連れていく!」と豪語。

当時珍しい学生トレーナーの先駆者となるが、医療国家資格を持たない者が、選手の身体を触るのがご法度であった当時、テーピングを巻くどころかパートナーストレッチをする程度でも「あいつは資格を持っているのか?」と陰口をたたかれ、資格を取る事を決意。
大学卒業後、鍼灸マッサージの専門学校へ通う。

専門学校在学中に、スポーツ界では「応急処置や緊急時に資格なんていってられないだろ」という風潮が高まり、そこから済し崩し的に、卒業時には「誰でも」選手の身体を触ってもよい様な状況になっていた。
そんな状況に嫌気をさしつつも、自身の大学時代に専攻していたバイオメカニクスと手技療法を組み合わせた独自の手法が評判を呼び、「本当に信頼できる身体のスペシャリスト」と多くのアスリートから信頼を獲得、1996年のアトランタ五輪より5大会連続でクライアントのオリンピック出場に貢献する。

現在「平塚スポーツケアセンター」での活動を生業としつつ、
大学時代に描いたその夢を叶えながら、更に大幅修正を加え、現在に至る。